<< 「ミナト神戸幽霊事件」風見潤*prev
「陰日向に咲く」劇団ひとり >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

「フィッシュストーリー」
伊坂 幸太郎
新潮社
2007-01-30
勝手に評価:★★★★☆

 伊坂ワールドの名脇役たちが遭遇する、「別の日・別の場所」での新たな事件。
 売れないロックバンドが、最後のレコーディングで叫んだ音にならない声が、時空を越えて奇蹟を起こす。伊坂幸太郎の真骨頂とも言える多重の企みに満ちた表題作他、読者人気の特に高い“あの人”が、今度は主役に!デビュー第一短編から最新書き下ろし中編まで、変幻自在の筆致で編んだ伊坂流ホラ話の饗宴。(新潮社HPの書籍紹介より)

伊坂氏の最新作であり、私にとっては初めての伊坂作品でした。短編4作品が収録されています。(勝手に)思っていたよりも、爽やかで読みやすい雰囲気でした。今年になってからは、わりと濃い作品しか読んでないので、ちょっと物足りなさを感じるくらいでした。でも、ミステリーでありながら、この爽やかさは心地良いです。

動物のエンジン
動物園に毎晩寝ていて、日中はマンション建設反対運動に参加している変な男について推理合戦をする…というストーリーです。話の合間に主人公の周りの人達のその後が語られていて、そこが面白かったです。あまり心理描写もなくて、サラッと読めました。主人公の主観の他にもう一つの主観が出てきますが、それが誰なのかっていうのが最後にわかるところは面白かったです。

サクリファイス
この話を読んでた時は夜だったので、ちょっとゾッとしてしまいました。話自体はフィクションらしさがプンプンしてて、頭でもそれを理解してたんですけど、怪談話を読んだみたいに怖くなりました…。このお話が一番ミステリーっぽい感じがしました。人の恐ろしさや醜さがリアルに描写されていて、怖いけど引き込まれてしまいました。

フィッシュストーリー
このお話は時間軸が進んだり戻ったりします。少し混乱して読みづらいですが、内容のポイントは順番に描かれているので、「へ〜、なるほどね〜」と感嘆しました。これぞまさにフィクション!という感じです。こんな幸せな連鎖がリアルにあるわけないんですが、「人生どんなことも捨てたもんじゃない」と言われてる気がして、心が和みました。この作品を表題作にするあたりは、伊坂氏の優しい性格が現れている印象を受けました。

【ポテチ】
短編4作品の中で、一番この作品が好きです。なんといってもポテチの場面が良い!物語の後半に今村の生い立ちが明かされた時、思わずポテチのとこまで戻って読み直しました。特に細かい心理描写はないんですけど、キャラの何気ない仕草や台詞に伏線や思いがこもっていて、全体的に暖かい雰囲気を感じました。ラストの爽やかな感動も良かったです。
Author: chiro
あ行の作家(その他) | permalink | comments(8) | trackbacks(10)
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
コメント:
伊坂さん堪能されたようですね♪
これから読んでも大丈夫ですよ!
chiroさんはどんな作品を気に入るかしら。
そんなことも楽しみです。
「ポテチ」は素敵でした。じんわりしました。

comment by: リサ | 2007/05/10 10:01 PM
>リサさん
リサさんは伊坂ファンなんですね〜。
私もファンになれるくらい読む予定です♪
comment by: chiro | 2007/05/12 7:39 AM
こんにちは。
伊坂作品は、読めば読むほど楽しめますよ。
個人的におすすめなのは「チルドレン」です。「フィッシュストーリー」のテンションがお好きであれば、きっと楽しめると思います^^よかったらどうぞ。
comment by: まみみ | 2007/05/19 11:00 PM
>まみみさん
こんにちは!
レスが遅くなってしまってすみません(汗)。
しばらくネットをしてなかったので…。

伊坂作品は制覇する予定です♪
「チルドレン」も、表紙から気になってます(笑)。
comment by: chiro | 2007/05/28 10:26 AM
 こんばんは♪
 TB&コメント、どうもありがとうございました。

 伊坂さん、初めてだったんですねー。
 これまでの作品に出てきた人物たちが
 これにいろいろと登場してます。
 ぜひ「もと」のお話も読んでみてくださいね♪

 私も「ポテチ」好きですよ。
 「フィッシュストーリー」も好きです。
comment by: miyukichi | 2007/09/18 9:32 PM
>miyukichiさん
こんばんは。

これから順番に伊坂作品を制覇していく予定です♪
この本には、伊坂さんの人柄の良さが出ていたので、他の作品も楽しみです。
comment by: chiro | 2007/09/18 10:54 PM
こんばんは。
TBありがとうございました。

初めての伊坂作品、好感触でよかったです。
ここからならデビュー作、「オーデュポンの祈り」も読みやすいでしょう。
私の持ってる記事は「魔王」意向ですが。
新刊「ゴールデン・スランバー」もよかったです。
comment by: 藍色 | 2008/01/07 2:00 AM
>藍色さん
おはようございます。

今年こそは伊坂作品を制覇したいです。
順番に読むつもりですが、やっぱり新刊が気になってしまいます。
comment by: chiro | 2008/01/07 9:07 AM
コメントを書く:






トラックバック URL:
http://chiro-address.jugem.jp/trackback/56
トラックバック:
「間奏ってのがあるだろ?それが急に途切れて、一分ぐらいしてまた曲が始まる」― 友人の言葉に興味を持って、私はその古いレコードを買った。普通にいい曲だなと思っていたとき、ふっと曲が消えて、ああこれが間奏...
trackback by: booklines.net | 2007/05/10 7:22 PM
フィッシュストーリー 伊坂 幸太郎 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4編収録。 やっぱり伊坂さんの物語っていいですね。表紙カバーの裏側に「フィッシュストーリー」って書いてある辞書みたいなのがあって、もうそ
trackback by: ナナメモ | 2007/05/10 9:38 PM
フィッシュストーリー伊坂 幸太郎新潮社2007-01-30livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! 小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。 「動物園のエンジン」「サクリファイス」
trackback by: ひなたでゆるり | 2007/05/10 9:57 PM
フィッシュストーリーposted with 簡単リンクくん at 2007. 3. 6伊坂 幸太郎著新潮社 (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
trackback by: 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/05/19 10:59 PM
 伊坂幸太郎:著 『フィッシュストーリー』  フィッシュストーリー伊坂 幸太郎新潮社このアイテムの詳細を見る  表題作を含む4編の短編集。  これで現在出版ずみの伊坂さん作品、  すべて読了だと思います、たぶん。  あー、なんか寂しい(笑)  伊坂さん作品
trackback by: miyukichin’mu*me*mo* | 2007/09/15 9:23 PM
装画は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。 過去の伊坂作品に登場した脇役たちが主人公に。デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで加筆修正の中短編集。表紙を開くと、作品タイトルについて「陽気なギャング」でおなじみの“
trackback by: 粋な提案 | 2008/01/07 2:08 AM
伊坂幸太郎は仙台を舞台とする小説を多く発表しているが、中には仙台でないものもある。仕方ないけど結構さびしい。 本書は仙台を舞台とす...
trackback by: ぱんどらの本箱 | 2008/01/07 11:24 AM
フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 (2007/01/30)新潮社 この商品の詳細を見る 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」...
trackback by: しんちゃんの買い物帳 | 2008/01/15 11:10 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2010/10/02 12:42 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2010/12/10 8:04 PM