<< 「冷たい校舎の時は止まる(上・中・下)」辻村深月*prev
「100万分の1の恋人」榊邦彦 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「QED―百人一首の呪―」高田崇史

QED―百人一首の呪「QED―百人一首の呪―」
高田崇史
講談社
1998年12月5日
勝手に評価:★★★★☆

 希代の天才・藤原定家が残した百人一首。その一枚を握りしめて、会社社長は惨殺された。残された札はダイイング・メッセージなのか?関係者のアリバイは証明され、事件は不可能犯罪の様相を呈す。だが、百人一首に封印された華麗なる謎が解けたとき、事件は、戦慄の真相を地上に現す!メフィスト賞受賞作。(カバーより)

上の引用文を補足すると、第9回メフィスト賞受賞作です。そして高田氏のデビュー作です。

日本史や古文がわんさか出てくるので、途中手間取ったり休憩を取らざるを得ませんでしたが、文章自体はすんなり読めました。

歴史ミステリーと小説自体のミステリーが上手く絡まっていて、とても面白かったです。どちらも独立したミステリーなんだけど、どちらかの謎が解けないと一方の謎も解けないようになってます。謎が一つずつ解けていく様は、まるでからくり人形かドミノ崩しです。全部の部品が組み合わさる、或いは収まるべき所に収まった時、その大きな全体像が把握できる…というような感じです。

百人一首については、私は本作キャラの奈々さんよりだいぶ素人ですが、それでも興味深いものがありました。藤原定家とそれに関わる人々、時代背景も丁寧に解説されていました。それに、キャラ桑原を通して様々な文献についての考察もきちんとされていて、勉強するだけじゃなく、奈々と一緒に読者も考えられるように配慮されています。だから、曖昧な部分がなくてスッキリとします。

ストーリーとしては「連続殺人」とか「不可能犯罪」「ダイイング・メッセージ」など、ミステリーの要素を全て持っていましたが、ちょっとボリューム不足かな?と感じました。各キャラの個性や事件背景、犯人の動機も中途半端に感じました。百人一首の解説があれだけ懇切丁寧だったため、ストーリーがその影に隠れて薄いです。できれば犯人の動機だけでももう少し紆余曲折ある人間ドラマだと心に響くと思います。

シリーズになっているようなので、この人も少しずつ制覇していこうと思います。次回作に期待!
Author: chiro
た行の作家(その他) | permalink | comments(8) | trackbacks(5)
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
コメント:
歴史ミステリって嵌ると、とことん追いかけたくなりますね!
年季の入った歴史ミスファンなので、高田さんの出現は嬉しかったな(笑)。
comment by: しんちゃん | 2007/03/13 6:50 PM
そうなんですか〜。
私はあんまりこのジャンルは読んだこと無いので、初心者です。
よろしくです(笑)。
comment by: chiro | 2007/03/13 7:20 PM
chiroさん こんにちは
変ないいかた方しれないけど、この話は内容より作者の熱意に驚きでした そこがメフィストかな?とか
私も歴史ミスって読んだことないので、気になる人物とかのを読みたいですね
comment by: きりり | 2007/03/13 11:49 PM
きりりさん、いらっしゃいませ〜♪
確かにこの作品というか、作家さんは、熱意が感じられますよね。
普通に言ったらマニアとかオタクなのかもしれないけど、変なひけらかしとか、嫌味がないから、熱意を感じられるんだと思います。
メフィストは変わった作家さんが多いですよね(笑)。
comment by: chiro | 2007/03/14 9:14 AM
初めまして。コメント&TBありがとうございました。
ご挨拶送れて、ごめんなさい。

私も百人一首の謎とき、丁寧だし面白かったと思うのですが。
図が・・・ちょっと・・・困りましたね。
ストーリーが隠れてしまっているという、表現。
なるほど!って、思いました。
私もそう感じていたのかもしれません。すっきり。
ありがとうございます(笑)。
comment by: モカ | 2007/03/26 9:57 PM
>モカさん
いらっしゃいませ〜。
コメントいただけて、とても嬉しいです!
スッキリして良かったですね(笑)。
これからもどうぞよろしく〜。
comment by: chiro | 2007/03/28 10:38 PM
初めまして^^
QEDシリーズは「ベイカーストリートの問題」しか読んでませんが、この形式は結構好きですvv
あ、でも歴史ものじゃなかったですが。。。
百人一首とか六歌仙とかも読んでみたいです^^
comment by: 璃耶 | 2007/03/31 4:52 PM
はじめまして、璃耶さん。
QEDシリーズ、面白そうですよね。
ちょっとずつ読んでいこうと思ってます。
読む前は他の人の感想を読む気になれない性格なので、「ベイカー〜」を読み終わったら、ぜひTBと一緒にお邪魔しますね☆
comment by: chiro | 2007/04/01 1:15 PM
コメントを書く:






トラックバック URL:
http://chiro-address.jugem.jp/trackback/38
トラックバック:
QED―百人一首の呪高田 崇史 (2002/10)講談社 この商品の詳細を見る 百人一首カルタのコレクターとして有名な、会社社長・真榊大陸が惨殺された。 関係者は皆アリバイがあり、事件は一見、不可能犯罪かと思われた。 だが、桑
trackback by: しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/13 6:44 PM
QED―百人一首の呪posted with amazlet on 05.12.2...
trackback by: ものづくし。 | 2007/03/16 5:47 PM
※日付=旧暦1166年(仁安元)12月30日、従五位下に叙位。1167年(仁安2)12月30日、紀伊守に任官。1175年(安元元)12月8日、侍従に遷任。1180年(治承4)1月5日、従五位上に昇叙。侍従如元。1183年(寿永2)12月19日、正五位下に昇叙。侍従如元。1189年(文治5)11月1
trackback by: 百人一首の考察 | 2007/03/18 2:29 AM
このあいだタイトルに引かれるものがないとかなんとか言っていましたが、ひとつだけありあました。この本です。QEDってなんだろ、って思ってから頭のどこかにガムみたいに引っ付いて離れていなかったんです。そんなわけで清涼院流水のコズミック流と一緒に購入した
trackback by: 字遊室 | 2007/03/28 1:32 PM
QED―百人一首の呪 (講談社ノベルス)
trackback by: しゃばなしゅば書房1号 | 2009/05/23 2:11 PM