<< 「ぼくのメジャースプーン」辻村深月*prev
「子どもたちは夜と遊ぶ(下)」辻村深月 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「子どもたちは夜と遊ぶ(上)」辻村深月

子どもたちは夜と遊ぶ(上)「子どもたちは夜と遊ぶ(上)」
辻村深月
講談社
2005年5月7日
勝手に評価:★★★★☆

 優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった……。同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか!?(カバーより)

出だしから暗くて物々しい雰囲気で始まるので、ちょっと取っ付き辛かったです…。波に乗るまで少し苦労しました。

辻村作品をほぼ完璧に逆走してきましたが、だんだん話の雰囲気と内容が重くなってきました。今作品を読み始めて、ますますそう思いました(苦笑)。デビュー作は3部構成なのに、ゴールできるかどうか少々不安です(汗)。――そう思わせるくらい、この作品は暗いし、痛いです。

連続殺人は「アイ」と「シータ」によって実行されますが、「シータ」は最初から誰か分かった状態で話が進んでいきます。少し不思議な感じもしますが、逆に片方が分かっているからこそ、最大の謎である「アイ」の存在がくっきりとあって面白いです。そして、「シータ」が周囲の人間を疑っていく様子は、まさにミステリーだと思いました。

辻村作品では、どんなキャラクターにもそれなりの結末が用意されています。「シータ」がどうなっていくのか…とても気になります。できれば、人間らしさを取り戻してほしいです。
Author: chiro
た行の作家(辻村深月) | permalink | comments(2) | trackbacks(4)
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
コメント:
ご訪問くださってありがとうございました。

私は辻村さんはたまたま目当ての「ぼくのメジャースプーン」がなかったかわりにデビュー作から順当に読むことになったのですが、そのデビュー作ですっかりはまりました。
「子どもたち〜」は、最後は涙なしには読めませんでした。途中はちょっとグロくて苦しかったのですが、面白い内容にやめられませんでした(笑)。
comment by: ひととき | 2007/03/01 3:35 PM
いらっしゃいませ〜、ひとときさん♪

昨日、やっと「子どもたち〜」下巻を読み終えました!
いや〜、確かに泣けました…。
でも、痛すぎて本当には泣けなかったです。
心の中では号泣、みたいな(苦笑)。

これからデビュー作を読みます(笑)。
comment by: chiro | 2007/03/02 8:47 AM
コメントを書く:






トラックバック URL:
http://chiro-address.jugem.jp/trackback/31
トラックバック:
子どもたちは夜と遊ぶ(上)辻村 深月 講談社 2005-05-10 同じ大学に通う狐塚と月子。狐塚の研究室のライバル浅葱や、同居人の恭司。様々な友人達との関係の中、複雑にからまる人間模様。そしてそんな中起こったある殺人事件。自分達とは無縁に思えたその事件は…。
trackback by: + ChiekoaLibrary + | 2007/03/01 12:01 PM
子どもたちは夜と遊ぶ(上)辻村 深月 (2005/05/10)講談社 この商品の詳細を見る 子どもたちは夜と遊ぶ(下)辻村 深月 (2005/05/10)講談社 この商品の詳細を見る D大学に通う仲間、狐塚、月子、浅葱、恭二たち。 彼らの生
trackback by: しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/01 4:26 PM
留学がかかる選考の論文。 ほぼ確実といわれていたふたりを追い越したのは、匿名の人物「i」。 求めても探す事ができなかったその「i」から連絡があり、彼が浅葱の兄であることが発覚してから、 その事件は起こ...
trackback by: booklines.net | 2007/03/01 5:42 PM
子どもたちは夜と遊ぶ(上) 辻村 深月 アメリカ留学をかけた論文コンクール。D大学に通う、努力家狐塚と、天才肌の浅葱の二人が最優秀賞候補と思われていた。だが、選ばれたのは「i」という匿名で論文を送ってきた人物で、結局留学の話は立ち消えとなった。それ
trackback by: ナナメモ | 2008/01/05 11:34 PM