スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「冷たい校舎の時は止まる(上・中・下)」辻村深月

冷たい校舎の時は止まる (上)冷たい校舎の時は止まる (中)冷たい校舎の時は止まる  (下)

「冷たい校舎の時は止まる(上)」(左)
辻村深月
講談社
2004年6月5日

「冷たい校舎の時は止まる(中)」(真ん中)
辻村深月
講談社
2004年7月5日

「冷たい校舎の時は止まる(下)」(右)
辻村深月
2004年8月5日

勝手に評価:★★★★★
ある雪の日、学校に閉じ込められた男女8人の高校生。どうしても開かない玄関の扉、そして他には誰も登校してこない、時が止まった校舎。不可解な現象の謎を追ううちに彼らは2ヵ月前に起きた学園祭での自殺事件を思い出す。しかし8人は死んだ級友(クラスメート)の名前が思い出せない。死んだのは誰!?誰もが過ぎる青春という一時代をリアルに切なく描いた長編傑作!(カバーより)

辻村深月デビュー作です。第31回メフィスト賞を受賞。3冊もありましたが、1冊自体の厚みがそれほどなかったのであっという間でした。

いや〜、やられました。ホント、やられちゃいました。この一言しか出てきません(苦笑)。

続きを読む >>
Author: chiro
た行の作家(辻村深月) | permalink | comments(6) | trackbacks(4)
 
 

「子どもたちは夜と遊ぶ(下)」辻村深月

子どもたちは夜と遊ぶ(下)「子どもたちは夜と遊ぶ(下)」
辻村深月
講談社
2005年5月7日
勝手に評価:★★★★☆

 もう、一人の夜には帰りたくない――。残虐非道な事件に潜む、孤独な殺人鬼と彼を操る共犯者の存在。罪の意識に苛まれながらも、二人の間で繰り返される恐ろしい殺人という名の遊び(ゲーム)は、いったいいつまで続くのか!?そして傷つけずには愛せない、歪で悲しい恋の行方の結末とは……。辛い過去を孕んだ事件の真相は少しずつ解き明かされ、漆黒の闇を照らしていく。(カバーより)

下巻は上巻より長かったですが、わりと一気に読めました。

続きを読む >>
Author: chiro
た行の作家(辻村深月) | permalink | comments(4) | trackbacks(3)
 
 

「子どもたちは夜と遊ぶ(上)」辻村深月

子どもたちは夜と遊ぶ(上)「子どもたちは夜と遊ぶ(上)」
辻村深月
講談社
2005年5月7日
勝手に評価:★★★★☆

 優しく触れようとしても壊してしまう、大人になりきれない子どもたちは、暗い恋の闇路へと迷い込んでしまった……。同じ大学に通う仲間、浅葱と狐塚、月子と恭司。彼らを取り巻く一方通行の片想いの歯車は、思わぬ連続殺人事件と絡まり、悲しくも残酷な方向へと狂い始める。掛け違えた恋のボタンと、絶望の淵に蹲る殺人鬼の影には、どんな結末が待っているのか!?(カバーより)

出だしから暗くて物々しい雰囲気で始まるので、ちょっと取っ付き辛かったです…。波に乗るまで少し苦労しました。

続きを読む >>
Author: chiro
た行の作家(辻村深月) | permalink | comments(2) | trackbacks(4)
 
 

「ぼくのメジャースプーン」辻村深月

ぼくのメジャースプーン「ぼくのメジャースプーン」
辻村深月
講談社
2006年4月
勝手に評価:★★★★★

 「ぼく」は小学四年生。不思議な力を持っている。
 忌まわしいあの事件が起きたのは、今から三ヶ月前。「ぼく」の小学校で飼っていたうさぎが、何者かによって殺された……。大好きだったうさぎたちの無残な死体を目撃してしまった「ぼく」の幼なじみ・ふみちゃんは、ショックのあまりに全ての感情を封じ込めたまま、今もなお登校拒否を続けている。
 笑わないあの子を助け出したい「ぼく」は、自分と同じ力を持つ「先生」のもとへと通い、うさぎ殺しの犯人に与える罰の重さを計り始める。
 「ぼく」が最後に選んだ答え、そして正義の行方とは!?(カバーより)

辻村作品は、仕掛けも内容も大きなものが多いので、考えさせられることが多いです。

続きを読む >>
Author: chiro
た行の作家(辻村深月) | permalink | comments(4) | trackbacks(5)
 
 

「スロウハイツの神様(下)」辻村深月

スロウハイツの神様(下)「スロウハイツの神様(下)」
辻村深月
講談社
2007年1月
勝手に評価:★★★★★

 『スロウハイツ』二〇二号室。そこには、わたしたちの神様が住んでいる。
 人気作家チヨダ・コーキが暮らす『スロウハイツ』の住人たちは、平和な日々を送っていた。新たな入居者、加々美莉々亜がくるまでは――。
 コーキに急接近する莉々亜の存在が、不穏な空気を漂わせるなか、突如判明した驚愕の事実。赤羽環のプライドを脅かすこの事件は、どんな結末を迎えるのか……。
 環を中心とした『スロウハイツ』の環は、激しい衝突と優しい修復を繰り返しながら、それでもゆっくりと着実に自分たちなりの円を描いていく。未成熟な卵たちが、ここを巣立つ時とは!?(カバーより)

久々に上下巻で一つのお話を読んだので、時間がかかりました。上巻で頑張った分、下巻では失速気味でした、私が(笑)。

続きを読む >>
Author: chiro
た行の作家(辻村深月) | permalink | comments(6) | trackbacks(5)