スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「イチゴミルク ビターデイズ」壁井ユカコ

「イチゴミルクビターデイズ」
壁井 ユカコ
メディアワークス
2007-09
勝手に評価:★★★★☆

 甘くて、苦くて、眩しい、あの日のまま。そんな夢みたいなこと、あるわけない。
 ごく平凡な8畳ワンルームがわたしのお城。携帯ゲーム機の中で飼っている柴犬が同居人。しがないOL3年目。先輩のお小言と香水の悪臭を毎日食らい、人員整理によりリストラ寸前。腐れ縁の元カレがときどき生活費を無心にやってくる。これが憧れと希望を胸に地方から上京してきたわたしの東京生活の、なれの果て。
 そんなある日、高校時代の親友であり魔性の美少女であり、“強盗殺人犯”――鞠子が、3千万の札束と紫色のちっちゃい下着をトランクに詰めてわたしのマンションに転がり込んできた。17歳の“わたし”と24歳の“わたし”の日々が交錯する、青春のビフォー&アフターストーリー。(本の帯より)

段組なし、字の大きさも普通の215ページの単行本小説です。読んだ感じも長くなく、重くなく。事件が起こるわけでもなく、大恋愛があるわけでもなく(いや、少しはあるか?)な平凡な少女時代と大人になってからの物語です。

でも、好きです、こういうお話。平凡で単調な日々の中で、たくさんのことを諦めて大人になって…それでも諦められないコトがあったり、離れられない人がいたり。私は好きだなぁと思いますし、素敵だなぁとも思います。

続きを読む >>
Author: chiro
か行の作家(壁井ユカコ) | permalink | comments(2) | trackbacks(4)
 
 

「エンドロールまであと、」壁井ユカコ

「エンドロールまであと、」
壁井 ユカコ
小学館
2007-08
勝手に評価:★★★☆☆

 旧家に生まれた双子の高校二年生、佐々右布子と左馬之助の関係は最近ちょっとぎくしゃく気味。今までいつも一緒にいたのに左馬之助がどこかよそよそしいのだ。右布子はその原因が何なのかよくわからないまま、生まれて初めて積極的に友達を作ろうとしたり、二人が所属する映画研究会で映画を作ったりと日々を過ごすが―― “その想い”を自覚できない姉と、自覚してしまった弟の、禁断の恋の物語は静かに熱く動きはじめる。

壁井さんの作品はデビュー作である「キーリ―死者たちは荒野に眠る」(電撃文庫)以来、積んだり読んだりしつつ、ずっとファンです。というわけで、無条件に読んでみました。

う〜ん…でも、ちょっと微妙だったかなぁ。壁井さんらしいちょっとグロいシーンとか、イタ切ない雰囲気は確かにあったんですが、執筆する時点で「青春モノを」というリクエストがあったそうで(あとがきより)、ちょっと漫画チックで平凡な作品になってしまったなぁと感じました。やっぱり壁井さんにはファンタジックで切ない妄想の世界(ちょっとシツレイか?(笑))を猛進してほしいです。

続きを読む >>
Author: chiro
か行の作家(壁井ユカコ) | permalink | comments(4) | trackbacks(1)