スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「楽園(上・下)」宮部みゆき


「楽園(上・下)」
宮部みゆき
文藝春秋
2007-08
勝手に評価:★★★★★

 「模倣犯」から9年―前畑滋子 再び事件の渦中に!
 「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、萩谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、それを絵に描いていたという――
 自宅の床下で16年間眠り続けた少女の死体。その死体を“透視”した少年の交通事故死。親と子をめぐる謎に満ちた物語が幕を開ける――(上巻本の帯より)

「模倣犯」を読んだばかりだったので、私自身は9年という歳月は感じてないわけですが(笑)、宮部氏と前畑滋子はそれを経た「何か」があったんだろうなぁと、読んでみて感じました。

上巻は透視した少年の能力が本物かどうかの検証、下巻は16年前に殺された少女についての調査が主な内容でした。やっぱりどうしても「模倣犯」と比べてしまうのですが、今回はわりとテンポが良く、展開も早くて、読みやすかったです。

続きを読む >>
Author: chiro
ま行の作家(宮部みゆき) | permalink | comments(6) | trackbacks(7)
 
 

「模倣犯(上・下)」宮部みゆき


「模倣犯(上・下)」
宮部みゆき
小学館
2001-03
勝手に評価:★★★★★

 公園のゴミ箱から発見された女性の右腕、それは史上最悪の犯罪者によって仕組まれた連続女性殺人事件のプロローグだった。比類なき知能犯に挑む、第一発見者の少年と、孫娘を殺された老人。そして被害者宅やテレビの生放送に向け、不適な挑発を続ける犯人――。が、やがて事態は急転直下、交通事故死した男の自宅から、「殺人の記録」が発見される、事件は解決するかに見えたが、そこに、一連の凶行の真相を大胆に予想する人物が現れる。死んだ男の正体は? 少年と老人が辿り着いた意外な結末とは? 宮部みゆきが“犯罪の世紀”に放つ、渾身の最長編現代ミステリ。(小学館HPより)

この作品、上下巻それぞれ700ページを超える超大作です。長編もいいとこです。背中に悪寒が走ったり、震え上がったり、頭に血が上ってきたり、泣きそうになったり、感動したり…一言では言い表せないです。すごくいろんな意味で心に残る作品なのですが、誰かに気安くススメられるものではないです。だけど、誰かとこの想いを共有してみたいような…何とも言えない作品でした。

続きを読む >>
Author: chiro
ま行の作家(宮部みゆき) | permalink | comments(2) | trackbacks(7)