スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「鹿男あをによし」万城目学

「鹿男あをによし」
万城目 学
幻冬舎
2007-04
勝手に評価:★★★★★

 ねえ藤原君、「あをによし」って知ってる?何ですか急に。いやね、生徒から知っているかと訊かれて、何だそれ?って返したらずいぶん馬鹿にされてね。え?知らないんですか先生?知らないよそんな言葉。そりゃあいけません、奈良に来て「あをによし」を知らないのはいけません。
 鹿除けか何かのおまじない?和歌の枕詞ですよ、「たらちねの」なら「母」と来るように、「あをによし」なら「奈良」と来るわけです。どういう意味よそれ?諸説ありますが、「青丹よし」で、建物の青色と丹色の色づかいが鮮やかで、都の眺めはグッドだなあという意味のようですよ。
 へえ、物識りだね藤原君、とおれが感心していると、やっこさん、かりんとうの詰まった瓶を股の間に挟みこみ、鼓のように瓶底をポンと鳴らすと、朗々と詠じ始めた。
 あをによし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり
(本のカバーより)

前作「鴨川ホルモー」も面白かったんですけど、今回の方が私にはツボでした。なんとなく「鴨川」と表紙の感じが似ていたので、勝手にシリーズなのかと思っていましたが、まったく関係ありませんでした(笑)。前作が京都を舞台にした大学生たちの話で、今回は奈良の女子高を舞台にした教師と生徒のお話です。そして、鹿と狐と鼠が出てくるちょっと不思議で面白い青春物語です。

箱根の大学院で研究生だった主人公の男。教授の無理矢理な計らいで、いきなり奈良の女子高で理科の教師をすることになった。初めての教師生活に四苦八苦するなか、朝の散歩で一匹の雌鹿と出会う。その鹿はなんとオッサンの声で男に話しかけてきた。「さあ、神無月だ――出番だよ、先生。あんたは“運び番”に選ばれた」

続きを読む >>
Author: chiro
ま行の作家(万城目学) | permalink | comments(11) | trackbacks(14)
 
 

「鴨川ホルモー」万城目学

「鴨川ホルモー」
万城目 学
産業編集センター
2006-04
勝手に評価:★★★★☆

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒濤の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり!!(本のカバーより)

第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞。2007年本屋大賞ノミネート。色々と話題になっている万城目氏のデビュー作です。

話の大筋はよくある青春物語です。だけど、そこに京都ならではの不思議を組み合わせたことによって、ちょっと変わった面白いものになっています。京都の不思議と若さ溢れる疾走感が上手いこと一緒くたになっていて、一気に読めます。森見氏よりも癖がなくて読みやすいです。主要キャラが変なヤツばっかで、そこもまた面白さを倍増させます。

続きを読む >>
Author: chiro
ま行の作家(万城目学) | permalink | comments(11) | trackbacks(8)