スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「片耳うさぎ」大崎梢

「片耳うさぎ」
大崎 梢
光文社
2007-08
勝手に評価:★★★★★

 片耳うさぎに気をつけろ。
 屋敷に入れるな。
 入れれば人が殺される。
 蔵波奈都は小学六年生。引っ越してきた父の実家は、古くて大きなお屋敷で、どうしても馴染めない。しかも、このお屋敷には不吉な言い伝えがあるというのだ。弱った奈都が頼ったのは、ひとりの謎めいた女子中学生だった……。優しい読後感が嬉しい、傑作ミステリー長編。(本の帯より)

初めてのシリーズ外の作品で、舞台も書店じゃなくて、しかも賛否両論ある長編という枠。ちょっと心配してました。でも、面白かったです。グングン引きこまれていって、私にとっては期待を裏切らないものでした。表紙から裏表紙にかけてのイラストもとっても可愛くて大好きです♪

続きを読む >>
Author: chiro
あ行の作家(大崎梢) | permalink | comments(4) | trackbacks(6)
 
 

「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」大崎梢

「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」
大崎 梢
東京創元社
2007-04
勝手に評価:★★★★☆

 同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと……。「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を開きたい」――若手ミステリ作家のちょっと変わった要望に、名乗りを上げた成風堂だが……。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかりものの書店員・杏子と、勘の鋭いアルバイト・多絵のコンビが、書店に持ち込まれる様々な謎に取り組んでいく。短編五本を収録した本格書店ミステリ、好評シリーズ第三弾!(カバーより)

配達あかずきん」「晩夏に捧ぐ」、そして今作を一気に読んでみて…、かなり満腹だ(苦笑)。飽きたわけでもなく、嫌いになったわけでもないのに、なかなか読み進められなかった。

続きを読む >>
Author: chiro
あ行の作家(大崎梢) | permalink | comments(5) | trackbacks(4)
 
 

「晩夏に捧ぐ―成風堂書店事件メモ(出張編)」大崎梢

「晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>」
大崎 梢
東京創元社
2006-09-30
勝手に評価:★★★★☆

 以前成風堂にいて、今は故郷に帰り、地元の老舗書店に勤める元同僚の美保から、杏子のもとに一通の手紙が届いた。勤務先の宇都木書店、通称「まるう堂」に幽霊が出るようになり、店が存亡の危機に立たされている、ついては名探偵のアルバイト店員を連れて助けに来い、というのだ。杏子は気が進まぬながら、多絵を伴って信州の高原へと赴く。そこで待ちかまえていたのは、四半世紀ほど前に弟子の手で殺されたという老大作家の死に纏わる謎であった……!「本の雑誌」二〇〇六年上半期ベストテンの堂々第二位に輝いた『配達あかずきん』で今もっとも注目を集める著者、初の長編推理小説!(カバーより)

ページ数からいけば、そんなに前作とは変わらない量なのだが、今回は長編ということで文字通り長く感じた。前作がテンポ良くスッキリ各話完結の短編集だったので大丈夫だろうかと心配(余計なお世話)していたが、杞憂に終った。

今回は舞台を地元にある老舗書店に移し、本に纏わるミステリが繰り広げられた。本と言っても関わっている人間は様々な種類があるわけだが、今回は書店と作家の関係にスポットが当たっている。作家というと本屋とはあまり関係が無いようなイメージだが、地元に根を下ろした地方老舗書店で、店主は作家と懇意にしていた、という設定だ。老舗ともなれば、こういう関係もあるのだな〜と感じた。この設定だけでもなかなか面白かった。

続きを読む >>
Author: chiro
あ行の作家(大崎梢) | permalink | comments(10) | trackbacks(7)
 
 

「配達あかずきん―成風堂書店事件メモ」大崎梢

「配達あかずきん」
大崎 梢
東京創元社
2006-05-20
勝手に評価:★★★★★

 「いいよんさんわん」――近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真……。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾!(カバーより)

良いよ、これ良い!面白いの一言に尽きる。書店に居るだけでもワクワクしてくるような本好きなら、絶対に読むべき一冊だ。まぁ、それは私のことだが(笑)。

本作品は連作短編集になっている。それぞれできちんと内容が完結しているので、読みやすくてスッキリした気分になれる。

続きを読む >>
Author: chiro
あ行の作家(大崎梢) | permalink | comments(10) | trackbacks(7)