スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

「スコーレNo.4」宮下奈都

スコーレNo.4「スコーレNo.4」
宮下奈都
光文社
2007年1月25日
勝手に評価:★★★★☆

 人生には4つの小さな学校(スコーレ)がある。家族、恋愛、仕事、そして――。
 骨董品店の三人姉妹の長女として生まれた麻子は、欲しいものを人と最後まで争ったことがない。すぐ下の妹、七葉のように欲しいものを人に渡さないほどの執着がない。親友のように仲のよい七葉は美しい子で、そのため子供の頃から可愛さで勝負することはあきらめていた麻子だったが、骨董店で父親から美しいものを見せられて育った審美眼が認められ、繊細な感受性を持った女性に成長していく。
 丹念に重ねられた日常の描写から立ち上がる瑞々しさに定評がある著者初の書下ろし長編。(光文社HPの書籍紹介より)

表紙と同じ印象を受ける爽やかな内容でした。そして、読了後はほんのり幸せで暖かい気持ちになりました。

続きを読む >>
Author: chiro
ま行の作家(その他) | permalink | comments(4) | trackbacks(6)